• ホーム
  • >味付かんぴょう職人の㊙話

味付かんぴょう職人の㊙話

2021.02.28

種の除去

いつも有難うございます。

専務取締役工場長の伊東です。

2021年がスタートし早いもので丸2ヶ月が過ぎようとしております。

私の娘もあと約2週間で中学を卒業となり、時の過ぎる早さにびっくりしている今日この頃です。

仕事柄入学式以外、一度も学校の行事に足を運ぶことができず、卒業式ぐらいはと楽しみにしておりましたが、コロナ対策による一家族1名までとの制限により儚く消えてしまいました。

まあ、このご時世ですから仕方がないですね...


さて、話は大きく変わりまして、ただいま使用している原料ですが非常に種が多く付着しており除去に大変苦労しているところです。

夕顔の中心部分には種があり本来は剥いてはいけない部分ですが、近年の原料不足により農家の方々が剥いて製品にしてしまうケースが多く発生しているのが現状です。

当社に届いた原料を見ただけでは、なかなか種の混入は確認できません。

湯戻ししたかんぴょうを選別する際に種の付着が沢山確認でき、現在選別・異物除去の作業は非常に時間がかかっている状態です。

全て除去したと思っても非常に小さい種などは、まれに混入してしまうことがございます。

当社の製品にも注意事項を記載しておりますので、何卒ご理解の程をお願い申し上げます。

もちろん、仕入れ先であります干瓢問屋へも状況を連絡しており現在の状況を改善していただけるよう協力を求めております。

お客様へご迷惑をお掛けしないよう種の除去には最善を尽くして参ります。

2021.02.27

お疲れ様です。

従業員の菊地です。

今週もたくさんの御注文ありがとうございました。本日(株)コンタクトフーズはお休みをいただいております。

2月も明日で終わりですね。他の月より日数が少ないこともあり、あっという間の1ヶ月でした。

3月に入りますと卒業シーズンです。今年は様々な制約のある1年となりました。卒業式の在り方も例年と変わってしまった学校もあるかと思います。何とも複雑な思いを抱かれている方もいらっしゃるとは思いますが、その分ご自宅でのお祝いをされてはいかがでしょうか。その時はぜひ、私たちのかんぴょう巻きもお側に置いていただけたら幸いです。

話は変わりますが、コロナウイルスのワクチン接種も医療従事者の皆様から接種が開始されました。
1日も早い終息を願いながら、油断することなく感染予防に努めてまいります。

来週も(株)コンタクトフーズをよろしくお願いいたします。


2021.02.26

2月も終わりですね。

こんにちは、釜場担当小形です。
 
早いもので今日で2月の製造も終わりです。
 
2月も沢山のご注文ありがとうございました。
 
コロナウイルス感染者も減少していますが、まだまだ気が抜けない状況です。3月も感染予防を徹底して味付けかんぴょうの製造にあたっていきたいと思います。
 
冬が終われば春ですね。
 
春と言えば桜、『お花見』ですね。
 
去年は緊急事態宣言っと言うことでお花見が出来ませんでした。
 
今年は何時もとは違った形のお花見になるかもしれませんが、お花見が出来るかもしれませんね。
 
早くいつもどうりのお花見が出来るといいですね。その際にはかんぴょう巻きをよろしくお願いします。
また、今年のお花見は自宅でお花見気分を味わいながらかんぴょう巻きを食べるのも、いかがでしょうか。
3月も(株)コンタクトフーズをよろしくお願いいたします。

2021.02.25

2月も月末!

お疲れ様です。

従業員の長谷川です。

今月の稼働も残すところ1日となり、あっという間の1ヶ月でありました。

お取引のお客様におかれましては、今月も沢山のご注文をいただき誠にありがとうございます。



さて、間もなく3月を迎えるわけですが、明日の気温も氷点下になる予報となっており、まだまだ油断できない日々が続きそうです。

しかしながら、来週からは、少しずつ気温も上がるようで、ようやく春に近づいてくるのかな。と感じているところです。

また、春といえば、出会いと別れの季節となっており、卒業式や入学式、企業においても人の異動など様々で、人生の節目となる方も多いかと思われます。

昨年から今年にかけて例年とは違ったこの時期ではありますが、そういった節目のお祝いや励みに『かんぴょう巻き』を食べていただき、門出に花を添えられたら嬉しく思います。



3月は年度末ということで、仕事においても何かと忙しい月になってまいりますが、引き続き高品質な『味付けかんぴょう』の製造に努めてまいりますので、

今後とも(株)コンタクトフーズをよろしくお願いいたします。


2021.02.24

今月もありがとうございました

釜場担当 係長 山中です。


早いもので、2月も残り僅かとなりました。

節分から始まった今月も、たくさんのご注文を頂きまして、忙しい毎日を過ごす事が出来ました。

まだまだ不安の残る状況の中、多大なご愛顧を賜りまして、本当にありがとうございました。

来月もお客様方への感謝の気持ちを忘れずに仕事へ取り組み、引き続き安心安全で美味しい味付けかんぴょうをお届けしてまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。


コロナにおきましては、ワクチンの接種も始まり、緊急事態宣言の解除の声も聞こえ始め、明るい兆しも見えてきました。

これからは気温も暖かくなり、このまま終息へ向かっていく事を願うばかりですが、まだまだ油断せずに、引き続き感染対策も徹底して過ごしていきたいです。


今月も本当にありがとうございました。
来月も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

2021.02.23

天皇誕生日


こんばんは。


湯戻し作業と選別作業を担当させて頂いております吉田です。


今日は天皇陛下が代わられて初めての天皇誕生日での祝日となり、当社も休日を取らせて頂いております。


本日は非常におめでたい日でもございますので昼食は外食もと考えてはおりましたが、気温がぐっと冷え込み吹雪となりましたので家族みんなで自宅でまったり過ごしました。


もちろん新しい生活様式となって必ずしも外でなければ楽しめない事ではありませんので娘二人と自宅で遊びながらいい休日を過ごさせて頂きました。



今日充電したエネルギーを明日からの仕事の活力とし、今後共より良い製品作りに努めていきたいと思います。




2021.02.22

かんぴょう巻きのお供

こんにちは。
いつも弊社ブログをご覧頂き、ありがとうございます。
切場担当の高橋です。

早いもので2月も終盤になりましたね。
先日の地震から大きな余震は無く、少しホッとしている所であります。

業務の方は落ち着きをみせておりますが、相変わらずの原料事情であり、選別にじっくりと時間をかけて製造しております。

中には柔らかくトロけてしまうかんぴょうもありますが、袋詰めの際にも再度確認し基準を満たしたもののみ製品として出荷出来るよう務めております。
Image.jpeg


さて、話は変わりまして
先週の土、日はお休みを頂いておりましたので
前々から自作してみたかった〆鯖を作ってかんぴょう巻きのお供と致しました。

せっかくですので私の〆鯖の作り方を少しご紹介致します。

まずは新鮮な生鯖を購入し、頭と内臓を落としたら、キッチンペーパーでしっかりと水分を拭き取ってから3枚卸しにしていきます。

Image.jpeg

ちなみに新鮮な鯖を見分ける方法は目が白くくすんでおらず、お腹に張りがあって硬いものが良いとされております。

さて3枚卸しができたら、身に塩をふって余分な水分を抜いていきます。

Image.jpeg

塩は鯖全体に多めにすり込む感じで!
これで冷蔵庫で1時間置いておきます。

1時間経って水分が抜けたら水で塩を洗い流し、
次は酢に漬け込んでいきます。

Image.jpeg

こんな感じで鯖全体が浸る位に酢を入れたら、キッチンペーパーを被せて表面にもムラなく浸透させます。

この状態で冷蔵庫で半日寝かせます。
漬け込む時間で〆具合が変わるので、そこはお好みで!
よくスーパーで見かける〆鯖は身が白いですよね?
あれは〆時間が長いので、私は外側は白く、中心は生の状態を目指します!^_^

Image.jpeg

さて、半日寝かせるとこんな感じです。
これで酢〆の工程は終了です。

このままでも食べれますが、皆さんご存知アニサキスが怖いので、私は一旦冷凍します。

アニサキスは−20℃で1時間冷凍することで死滅しますが、家庭用の冷凍庫の場合は48時間冷凍する事で安心して食べられます。

Image.jpeg

さて解凍して飾り包丁をいれて切身にして盛り付けていきます。

Image.jpeg

Image.jpeg

完璧です!笑
冬の鯖は脂が乗っているので口の中でトロけていきます!
〆具合も中心は生の状態で理想の〆鯖が出来上がりました。

さらに〆鯖の酸味にかんぴょう巻きの甘さが絶妙です!

皆さんも是非試してみてください!^_^
あ、かんぴょう巻きも忘れないで下さいね!笑

まだまだかんぴょう巻きに合う絶品お供を探して皆様にお伝えして行きたいと思っておりますので
今週も(株)コンタクトフーズを何卒宜しくお願い致します。

2021.02.21

現状ご報告

いつも大変お世話になっております。

専務取締役工場長の伊東です。

早いもので2月最終の稼働週となりました。

節分も過ぎ一年で最も静かな1ヶ月と言ってもいい月ですが、個人的には工場内の設備等のメンテナンス・年次点検に備え準備で頭の中はパンパンな状態の日々を送っております。


また、原料の価格・原材料の価格の高騰にも頭を抱えているところです。


原料の数量も限られた中での製造となっておりますので、お客様の意見に全てお応えすることは中々難しくなってきているのが現状です。


しかし、各お取引先様には弊社の製造並びに製品の品質に大変ご理解いただきコロナ禍においても多くのご注文・お問合せをいただきまして誠に有難うございます。



一部残念ながらご理解いただけ無いお取引先様もいらっしゃるのも事実ではありますが、win winの関係を築けるお取引を今後も行なってまいる所存でございます。



弊社の従業員の方々には、原料事情が悪い中でも品質維持の為、連日過度な労力を費やしていただいております。



是非ともご理解いただければ幸いです。

コロナに負けず今週も従業員一同頑張って製造してまいります。


今週も(株)コンタクトフーズを引き続き宜しくお願い致します。

お問い合せ

株式会社コンタクトフーズ
〒999-2172 山形県東置賜郡高畠町大字夏茂1522番地
TEL:0238-57-3130 / FAX:0238-57-3930

ページの先頭へ
Copyright (C) 2016 Contact Foods Inc. all rights reserved.