味付かんぴょう職人の㊙話

お知らせ

2017.12.02

中国産干瓢原料事情

 いつも大変お世話になっております。専務取締役工場長の伊東です。

本日は、㈱コンタクトフーズを代表いたしまして現在の中国産干瓢原料事情をご説明させていただきます。

今年度の新物原料の収穫量ですが、昨年度から比べ減少傾向にあります。

干瓢農家の減少はもちろんのこと、異常気象の影響による収穫量の減、為替の円安傾向により、今年度の新物原料の価格が高騰しておりますことをご報告致します。

関連資料を添付いたしますのでご確認ください。※当社仕入れ価格ではなく、中国各産地・各等級すべて含んだ数字となります。

毎年ながら干瓢原料の減少に歯止めがかからない実態ではありますが、こういった時こそ当社では「本物のかんぴょう」にとことんこだわっていきたいと考えております。

干瓢自体が年々高級食材と化していることを是非ご理解いただきまして、簡易的に製造する製品か手間暇をかけ製造する製品かをよく見分けていただければ幸いです。

文章だけでは、お伝えできることが限られておりますので直接お客様へお伺いしご説明させていただきますので何卒よろしくお願い致します。

2017.07.16

求人募集のお知らせ

 こんにちは。専務取締役工場長の伊東です。

近頃は、全国的にゲリラ豪雨・突風など様々な自然災害が多発しているようです。

一昨日は、当社が所在している高畠町のお隣に在ります米沢市では1hに110mmの大雨が降りました。

しかし、高畠町ではほとんど雨が降らず10km圏内でこれだけの差がでるのかと非常に驚いておるところです。

私どもが暮らしている高畠町は、自然災害が少ない町として安定した農作物が供給できることから外食産業等から近年注目を浴びている町でもあります。

ただ、近年の異常気象は今までの常識を覆すだけの威力がありますので気を抜かず、「明日は我が身」という心構えでこの時期を乗り切って参りたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、ただ今当社では求人募集の広告に掲載させていただいております。

是非、ご興味のある方・お知り合いに時間を有効活用したいとお考えの方がおられましたら㈱コンタクトフーズまでご連絡いただければ幸いです。

TEL 0238-57-3130

よろしくお願い致します。

2017.05.08

かんぴょう種の除去

 こんにちは。専務取締役工場長の伊東です。

GWも終わり今日から通常の生活へと戻った方々も多いのではないでしょうか?

今年のGWは天気も良く、のんびりと過ごさせていただきました。

さて、ただいま使用している原料ですが非常に種が多く付着しており除去に大変苦労しているところです。

夕顔の中心部分には種があり本来は剥いてはいけない部分ですが、近年の原料不足により農家の方々が剥いて製品にしてしまうケースが多く発生しているのが現状です。

当社に届いた原料を見ただけでは、なかなか種の混入は確認できません。

湯戻ししたかんぴょうを選別する際に種の付着が沢山確認でき、現在選別・異物除去の作業は非常に時間がかかっている状態です。

全て除去したと思っても非常に小さい種などは、まれに混入してしまうことがございます。

当社の製品にも注意事項を記載しておりますので、何卒ご理解の程をお願い申し上げます。

もちろん、仕入れ先であります干瓢問屋へも状況を連絡しており現在の状況を改善していただけるよう協力を求めております。

お客様へご迷惑をお掛けしないよう種の除去には最善を尽くして参ります。

2017.03.18

原料事情

こんにちは。専務取締役工場長の伊東です。

HP内「お知らせ」にもUPさせていただきましたが、再度blogにもUPさせていただきます。

以前、食品新聞にて国産原料の生産量が減少しているとの記事が掲載された際、当HP内にてご紹介をしておりましたが3月13日の食品新聞にも再度掲載されましたので再びUPさせていただきます。

国産原料ももちろんのことですが、中国産原料も年々減少傾向にあります。過去10年分の中国産原料輸入グラフを添付させていただきますので是非ご確認ください。

2004年から比べると実に約半分の輸入量となっていることがご確認できるかと思います。

中国産と言えども大変貴重な食材となってきておりますことを何卒ご理解をいただきたいと存じます。

2017.02.25

工場見学

 おはようございます。専務取締役工場長の伊東です。

昨日は、いつも大変お世話になっております某スーパーマーケット様のMD担当者様から遠方よりご来社いただきました。

工場内での生産工程を見学していただき、私どもが行っている選別作業に「大変な工程ですね」と非常に感銘をうけていただきました。

実際にご来社いただき「かんぴょう」の奥の深さを実感していただくことは、日頃時間をかけ品質のバラつき防止に努めている私どもにとって大変うれしいことと感じております。

現在お取引をさせていただいているお客様はもちろんのこと、他社の製品をお使いのお客様も「かんぴょう」をもっと深く学びたいという方々がおりましたら是非、株式会社コンタクトフーズへご連絡いただければご対応させていただきますのでお気軽にお声をおかけください。

世界で唯一の味付かんぴょう製造専門工場ならではのご説明をさせていただきますのでよろしくお願い致します。

本日はお休みとなりますが、休み中の工場内はオゾン発生装置によるオゾン除菌を行っております。

クリーンな状態での始業開始に努めております。

2016.12.30

2016年の業務終了

こんにちは。専務取締役工場長の伊東です。

本日12月30日をもちまして2016年の業務を終了とさせていただきます。

新年は1月6日から業務をスタートさせていただきます。

本年も沢山の方々にお世話になり無事2016年を過ごすことができました。

来年も何卒よろしくお願い致します。

2016.12.23

国産かんぴょう原料事情

 こんにちは。専務取締役工場長の伊東です。

ホームページ内の「お知らせ」にて掲載させていただきましたが、再度blog内でもご報告させていただきます。

国産かんぴょう原料の価格が昨年より2割ほど高騰しているという記事が掲載されました。

国産・中国産ともにかんぴょう原料を栽培・収穫するには非常に手間がかかります。

手間を認めず価格の上昇を認めなければ、どんどん生産者が減り生産量も益々減少の一途を歩むことになりかねません。

そうなれば益々価格の高騰にも繋がっていくと感じております。

昔よき時代から守られてきた「かんぴょう」の文化を守っていくためにも、農家さんから渡されたバトン(原料)をしっかり受け継ぎお客様から認めていただける製品づくりを心掛けて参りますので何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

2016.12.21

駐車場完成

 

こんにちは。専務取締役工場長の伊東です。

10月に取得しました515坪の工場用地を弊社の駐車場として整備いたしました。

今までご来社いただいておりましたお客様には狭い駐車場で大変ご不便をおかけしておりましたが、今後は大駐車場となりましたのでお気軽にご来社いただきたいと存じます。

今年も残すところ約一週間、非常に疲れがたまってきておりますが最後まで集中力を切らさず頑張って参ります。

お問い合せ

株式会社コンタクトフーズ
〒999-2172 山形県東置賜郡高畠町大字夏茂1522番地
TEL:0238-57-3130 / FAX:0238-57-3930

ページの先頭へ
Copyright (C) 2016 Contact Foods Inc. all rights reserved.