味付かんぴょう職人の㊙話

2017.06.25

夕顔の受粉作業

こんにちは。専務取締役工場長の伊東です。

6月も早いもので終盤を迎えております。
かんぴょうの原料であります「夕顔」も、この時期になりますと徐々に白い花が咲き乱れるようになってまいります。
自然着果率は約10%と非常に低く、人の手で受粉を行って初めて大量の「夕顔」を収穫することができます。
苗を植えれば終わり…ではなく栽培するだけでも大変手間のかかる食材であることをお分かりいただければ幸いです。
画像にあるのは、雄花の花粉を雌花に人工受粉をしている様子です
雄花と雌花を探すだけでも一苦労です。
そして何よりも太陽の光なくして良質な「かんぴょう」は出来上がりません。
これから暑くなってまいりますが、夏らしい気候であって欲しいと願うところです。

お問い合せ

株式会社コンタクトフーズ
〒999-2172 山形県東置賜郡高畠町大字夏茂1522番地
TEL:0238-57-3130 / FAX:0238-57-3930

ページの先頭へ
Copyright (C) 2016 Contact Foods Inc. all rights reserved.